案件収支管理のパッケージシステム「Rebo」(債権債務管理システム)の源泉自動計算


案件収支管理Rebo 機能概要

源泉自動計算

源泉自動計算

源泉自動計算機能を実装しており、支払調書発行に必要なデータを即出力することが可能です。別台帳による源泉計算~会計システムへの転記は一切不要になります。

システム上で源泉額を自動算出

源泉計算設定

例えば、「前払いで購入したチケット」など、費用計上タイミングが決まっていない物も、「任意の日付と金額」を入力することで、先々の支払予定を立てることができます。
例)

  • 分割して売り上げる(支払う)商品で、チケット・回数券の様に「いつ使用するかわからない物」の管理
  • 分割して売り上げる(支払う)商品で、「分割回数によって売上計上(原価計上)する物」の管理

源泉自動計算の画面イメージ

仮払(小口)精算・即時支払をシステム化

Reboでは源泉計算が必要な取引先に対し、自動で源泉額を計算する機能を備えています。

取引先マスタ登録時に「源泉対象 or 対象外」「法人 or 個人」「購入時計算 or 支払時計算」などを行なうことで、源泉額を自動計算します。

また、当システムより個人への支払に必要な「支払調書」を発行するためのデータを出力することが可能です。(詳しくはお問い合わせください)

案件収支管理「Rebo」に戻る

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP