案件収支管理のパッケージシステム「Rebo」(債権債務管理システム)のプロジェクト収支管理


案件収支管理Rebo 機能概要

プロジェクト収支管理

プロジェクト収支管理

プロジェクトごとの損益対策が容易に立てられます。プロジェクトごとの案件収支状況(予実対比、売上原価計上、入金支払状況)を即把握することができ、「案件ごとの収支管理表」や「売上予定表」を出力することにより、リアルタイムに損益対策を立てることが可能です

プロジェクト収支管理

案件入力画面

プロジェクトごとの売上に対し、仕入費用、取引先への外注費、社内発注分、自社社員への仮払、未払いが発生しない即時の支払、正確な費用が決まっていない見込みなど「関連する原価コスト」を紐づけることで「プロジェクト収支管理」を行ないます。

また、案件のステータス管理(引合・受注など)やランク管理、売上・入金(購入・支払)の進捗状況を同画面で確認することができるので、「どなたでもわかりやすく」「かんたんな操作」で案件管理を行なって頂くことが可能です。

<案件収支管理の内容>

  • 受注金額に対する原価金額、利益額、利益率
  • 予定に対する実績、差額
  • 予算シミュレーション

プロジェクト収支管理の画面イメージ

 プロジェクト予算管理

案件予算登録画面

売上と原価の予算立てをすることで、計上予定による早期損益シミュレーションが行なえます。

売上予算と原価予算を登録後、予算と実績を月ごとに対比させ、現時点の実績を把握するといった原価管理を行うことで、原価計上を行なう予定の対策を立てることが可能です。


プロジェクト予算管理の画面イメージ

案件管理に必要な帳票をスピーディーに出力

案件を管理する上で必要な帳票を即出力頂けます。

  • 案件ごとの収支、差異がすぐにわかる「案件収支管理表」
  • 部門、担当者別に先々の売上予定がわかる「売上予定表(推移表/集計表)」
  • 案件ごとの収支予算実績を対比確認できる「予算実績対比表」

入力した情報をフル活用することが可能

入力した情報は全てExcel出力が可能です。「分析や報告」に使用するデータを任意で選択し、スピーディーに出力頂けます。

よく使用する項目はあらかじめ「パターン登録」しておくことができるので、例えば会社独自の集計表をお使いの場合でも、必要なデータを使った二次加工も容易に行なうことができます。

案件収支管理「Rebo」に戻る

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP