案件収支管理のパッケージシステム「Rebo」(債権債務管理システム)のプロジェクト収支管理の画面イメージ


案件収支管理Rebo 機能詳細

プロジェクト収支管理の画面イメージ

案件・プロジェクト管理

特長と効果

  • 案件ごとの売上に対し、仕入費用、取引先への外注費、社内発注分、自社社員への仮払、未払いが発生しない即時の支払、正確な費用が決まっていない見込みなど「関連する原価コスト」を紐づけることで「案件の収支管理」を行ないます。
  • 案件のステータス管理(引合・受注など)やランク管理、売上・入金(購入・支払)の進捗状況を同画面で確認することができるので、「どなたでもわかりやすく」「かんたんな操作」で案件管理を行なって頂くことが可能です。
案件入力画面

案件の引き合い時もしくは契約時に、この「案件入力」画面で案件情報を登録します。案件名、引合日、受注予定日、受注日、完成予定日や、契約先の情報、受注(予定)金額、原価(予定)金額、また別画面にて実行予算金額などを登録することによって、原価管理や利益管理、受発注管理など、案件のさまざまな管理が行えます。

登録された案件が受注になったら、ステータスを「引合」から「受注」に変更します。そのときに、受注金額や原価金額に変更があれば、その金額を入力し直します。

売上明細
原価明細

受注(予定)金額と原価(予定)金額の対比を行うことで、利益(予定)額を把握するといった収支管理を行うことができます。受注明細に対し、売上計上や入金額、入金日を、原価明細に対し原価計上や支払額、支払日等の進捗状況の把握ができます。

案件収支管理Rebo「プロジェクト収支管理」に戻る

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP