売掛金の回収予定表|債権債務管理いろは


売掛金の回収予定表

売掛金の回収予定表

売掛金の回収予定

回収予定表とは

売掛金で回収予定のものが未回収の場合、それを営業マンに報告して、顧客に入金のお願いをする必要があります。そのときに回収予定が記載された表のことを、「回収予定表」といいます。回収予定表に未回収分の金額が表示されるので、将来的にどのような入金があるのかを知ることもできます。

回収予定表の種類に、「売掛年齢表」や「滞留債権一覧表」があり、入金管理の一種である滞留債権管理ができます。

定期請求管理システムBsup(債権管理システム)では、ファームバンキングソフトやインターネットバンキングソフトからダウンロードしたファイルを取り込むことで、今まで手作業で行っていた膨大な入金消込の作業を、短時間で行える機能を備えています。そのデータを基に、回収予定表を出力します。

入金管理の必要性

入金管理を行う場合、受注できている案件だけでの管理をしたい企業様と、引き合いのある案件も入金予定管理をしたいという企業様がいます。これは、ビジネスモデルや業種などの違いによって、管理したい項目が異なってくるためです。前者は入金管理なのですが、後者は「資金繰り管理」に属するといえます。

年間保守など、定期収入のあるビジネスモデルでは、資金繰りが見えやすいといえます。しかし、コンテンツ製作や建設業などのプロジェクト型では、いつ受注できるかは顧客次第ですので、資金繰りが見えにくいもので、売掛金の入金金額にも毎月の凸凹が出てきます。

大きな会社であれば、定期的に仕事が入ってくる仕組みができているものですが、小さな会社ほど、また小さな金額を扱う会社ほど、入金管理が必要となります。

定期収入のあるビジネスモデルでの入金管理は定期請求管理システムBsup(債権管理システム)を、プロジェクト型の入金管理は案件収支管理システムRebo(債権管理システム)がお勧めです。

また、BtoBなのかBtoCなのかの客層によっても、入金管理の必要性が異なります。やはり、個人相手の通販であれば、入金管理が必要になるでしょう。その場合、口座振替やクレジットカード支払にしておけば、未入金が少なくなりやすいので、入金管理がしやすくなります。

定期請求におけるBsupの柔軟な対応

もし、定期案件で顧客からの入金が止まってしまった場合、定期請求管理システムBsup(債権管理システム)では、SFA(営業支援システム)と連携し、「解約」のフラグを受けたら、契約停止と見なして定期請求を止めることもシステム化できます。

このように、Bsupでは一般的な請求管理システムでは持っていない機能をお客様に会わせてカスタマイズできるので、ご興味のある企業様はお問い合わせください。

流通業での入金管理

卸売業などの流通業は「個別の案件」という概念がありません。1カ月であれば1か月分のまとまった取引に基づいて、請求管理を行います。

一般的に販売されている販売管理システムは、卸業者や小売業を対象にしているので、個別の案件毎の細かい管理ができないものが多いことが実情です。

そこで、案件毎の入金管理が必要であれば、別途、Bsupのような債権管理システムが必要になります。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP