会社経営で知っておきたい売上計上基準の基礎知識|債権債務管理いろは


会社経営で知っておきたい売上計上基準の基礎知識

会社経営で知っておきたい売上計上基準の基礎知識

売上計上基準の基礎知識

売上計上基準とは

売上計上基準とは、簡単に言えば、売上計上をどのようなタイミングで行うかの基準です。

売上計上基準の主な種類

売上計上基準には、売上計上をするタイミングにより、さまざまな種類があります。

納品基準

決済が現金で行われる飲食店や小売店では、現金を支払ったタイミングが売上計上となります。このように、単純に現金と商品のやり取りであれば、売上計上基準は簡単に理解できます。お金の流れと売上計上が一致するため、売上を見ていれば、お金の流れが分かります。

出荷基準

ネット販売販売では、出荷した日、納品した日、現金を受け取った日がバラバラになります。そこで、お金が動くタイミングではなく、商品を出荷した日を売上計上基準とする方法があります。

ネット販売で、先に現金をお振込み頂き、それを確認してから出荷する方法ですと、売上計上をしたときに、手元に現金があるので、管理がしやすいです。売掛で商品を出荷した場合には、回収サイクルのスパンによって、資金繰りが必要になり、黒字倒産もあり得ます。商品が先に動きますが、お金が後で入ってくるので、売掛金や回収の管理が必要になります。

役務提供完了基準

サービス業などの役務を提供する企業の役務提供完了日した日、サービスや工事が完了し引き渡しをした日が売上計上日となる場合を役務提供完了基準といいます。

継続的にサービスを提供する場合は、期間を区切って、期間が終了した時点で、売上計上します。

部分完成基準

契約に基づいて、全体が完成していなくても、一部完成時に「ここまでできているのでお金をください」という具合に分納してもらうのが、部分完成基準です。建設業やソフトウェア開発など、仕事の請負の場合にこの方法が取られることがあります。

工事進行基準

建設業やソフトウェア業などで、工事の進行度合いに応じて、売上計上をしていきます。

工事の進行具合の評価を、時間や数量、金額などで評価して進行度合いを決めますが、進行度合いを正しく評価できるかがポイントです。

IFRS(イファース/アイファース)

IFRSとは国際財務報告基準の略です。商品を顧客に納品するまでに、商品が損傷したり盗難に遭ったりする可能性があるため、IFRSでは出荷基準を採用することができません。

「1月31日に商品を出荷しました。」「顧客には2月1日に到着しました。」「請求書には1月31日と記載されています。」この差が、日本の仕組みと世界基準とでのずれがあります。

販売管理パッケージソフトについて

このように、売上計上基準にはさまざまな種類がありますが、多くの販売管理パッケージソフトは、このような複雑な売上計上基準に対応していないことが現状です。そこで、当社では複雑な売上計上基準に対応したパッケージソフトを開発しました。

一般的な統合基幹業務パッケージ(ERP)と比べてミニマムに導入することができますので、特に外部業者と提携して役務提供を行うサービス業で良さをご実感いただけることと思います。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP