販売支援システムを経営に活かすために|債権債務管理いろは


販売支援システムを経営に活かすために

販売支援システムを経営に活かすために

小さな会社で営業マンが増えてきたら、社長一人では管理しきれないものです。そういったときに、販売支援システムを導入し、営業マンを管理しようと考えます。

販売支援システムのメリット

通常、販売支援システムは、案件管理、営業管理、マーケティング管理といった、社長が営業マンを管理し、顧客フォローがしっかりできる機能を備えています。

また、営業マン一人当たりの月額費用で導入ができるために、初期の導入コストは安価ということも、人気の秘訣です。

販売支援システムのデメリット

このように、営業マンや顧客の管理においては、販売支援システムはとても効果的なのですが、ひとつのデメリットがあります。それは、初期状態では、販売にまつわるバックヤードの管理ができないことです。販売にまつわるバックヤード、つまり、債権債務管理です。

販売支援システムにて債権債務管理を行うには、システムのカスタマイズや高価なテンプレートの導入が必要となります。大きな会社にとっては、カスタマイズ費用は問題にならないかもしれませんが、小さな会社にとっては、少しでも負担を下げたいものです。

販売支援システム導入後に「失敗した」とならないためにも、債権債務管理をどのように行うのかを、初めから想定しておいた方が良いと思います。

債権債務管理システムを導入すると

権債務管理とは、簡単に言えば、入ってくる見込みのお金、出ていく予定のお金、そして実際に出入りしたお金の管理。つまり、お金の予実管理です。この予実管理をしっかり行うことによって、経営状態が即時に把握することができます。

債権債務管理はBsupがおすすめ

Bsupは、定期請求管理に強い債権債務管理のパッケージシステムです。さまざまな機能の中の一つとして、利益管理があります。販売支援システムが出力するCSVデータを取り込むことで、受注案件の利益を管理することができるようになります。

販売支援システムを導入し、そのデータを利用できる、安価で高機能な債権債務パッケージソフトをお探しなら、Bsupの導入をご検討ください。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP