前受金と売上計上|債権債務管理いろは


トップページ債権債務管理いろは前受金と売上計上

前受金と売上計上

前受金と売上計上

前受金と売掛金の違い

顧客から代金が支払われたときに、その代金が売掛¬金に対する入金なのか、それとも前受金になるのかは、入金時の伝票日付と売上計上時の伝票日付で判断します。

月末時点で、入金時の伝票日付と売上計上時の伝票日付を比較し、入金時の伝票日付が売上計上時の伝票日付より前であれば「前受金」になります。反対に、売上計上時の日付が先の場合は「売掛金」になります。

債権管理システムは、それぞれの伝票の日付から、前受金か売掛金に対する入金かの自動判定をします。

前受金の計上

サービス提供の対価が10万円で、先に手付金として5万円をもらったとします。サービスが完結して残りの5万円をもらったとします。先にもらった5万円は前受金、後でもらった5万円は売掛金に対する入金です。そして、合計の売上が10万円として計上されます。

サーバ契約などで年間契約をし、その代金を前受金として頂いたとします。その前受金を12ヶ月で按分し、売上計上を行っていく場合があります。その場合は、前受金から1カ月毎に売上高として振替をしていきます。

前受金の按分計上ができる債権管理システム

近年、サービス業を中心に一定の金額を前受金として請求していく、定額請求のサービスが増えているように思います。そういった定額請求を行う業務では、サービスを提供したタイミングで、前受金から売上高として振替をしていく必要があります。

そのような按分計上に対応した債権管理システムを導入していない会社では、事務スタッフがExcelで管理していることが多く、業務がその担当者に依存してしまう傾向にあります。

もし、計上ミスを指摘されたり請求漏れが目立ったりして、きちんと債権管理システムで管理していく必要が出たときは、按分計上ができる債権管理システムを導入する必要があります。

当社の債権管理システムAllyは、売上を任意に按分し適正な売上計上ができるだけでなく、契約に基づく請求の一元管理や売掛金・前受金の自動判定、様々な入金パターンに対応する機能を備えており、経理担当者の手間やコスト削減に貢献します。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP