入金消込自動化の方法|債権債務管理いろは


トップページ債権債務管理いろは入金消込自動化の方法

入金消込自動化の方法

入金消込自動化の方法

入金消込とは

会社が企業又は個人に販売をしたとき、その支払い方法として銀行振込や口座振替が利用されます。支払い期日になったら、顧客への請求金額と入金額の付け合わせを行い、代金がきちんと振り込まれているかを確認します。

この作業のことを、入金消込と言います。

入金消込自動化のタイミング

請求件数が少ないうちは、銀行通帳の記帳やインターネットバンキングソフトで、支払期日に顧客が支払われたかを、目視で確認すると思います。ところが、契約件数が膨大になってきたら、その確認作業だけで、丸一日かかったり、はたまた複数人で作業を行ったりと、入金管理だけで膨大な労力が必要となる場合があります。しかも、その作業は支払い期日直後の日に集中します。

きちんと仕組みができて、ミスなく入金消込が行われていたら、担当者の苦労はともかく、経営者としては安心です。しかし、件数が更に増えたらどうでしょうか。今の仕組みでは、入金管理が破綻する可能性が出てきます。

そのときが、入金消込の自動化を検討するときです。入金管理作業が破綻寸前になるまで待つのではなく、前もって入金消込が自動化できないかどうかを検討すべきです。

入金消込を自動化するためには

入金消込を自動化するためには、システムを導入する必要があります。

銀行に振り込みがあったら、そのFBデータをシステムがダウンロードし、カナ名やバーチャル口座番号、顧客番号で得意先を照合し請求金額と入金額を照らし合わせて、金額が合致するものであれば入金消込を行うというシステムです。

得意先から振り込まれる金額が、請求金額と一致していれば良いのですが、一致しない場合があります。例えば、2ヶ月分の振込があったり、振込手数料を差し引いて振り込んできたりといった具合です。

そういった、請求金額と入金金額が一致しない場合は、目視での入金消込が必要です。

当社のAllyのように、システムによっては、特定の得意先で毎回、一定の振込手数料を差し引いて振り込まれる場合には、その得意先を指定して、例えば「432円少なくても入金金額と一致したものと見なす」という設定が可能です。

入金消込を自動化するシステム選び

このように、入金データを取り込み、入金消込を自動化してくれ債権が管理できるシステムのことを、債権管理システムと言います。

債権管理システムは、大企業向けの大きなものから、中小企業でも導入しやすい、機能を絞った廉価なものまであります。システムの価格にとらわれず

  • 自社の背丈に合う
  • なるべく安価なもの
  • 会社に導入しやい
  • 担当者が作業しやすい

そういったシステムを選ぶ必要があります。

例えば、大手システムメーカーが提供するシステムであれば、入金消込自動化は、さまざまな機能の中の一つに過ぎないため、システムが高価になり使用しない機能がたくさん出てしまうことがあり、入金消込自動化するために細かな設定ができないものもあります。そういったシステムを導入するのであれば、細かな設定を盛り込むためには、カスタマイズが必要になるので、高価なシステムがより高価になってしまいます。

入金消込の自動化ならAlly

Ally(債権管理システム)であれば、債権管理に的を絞ったシステムですので、安価なのに入金金額の差異や振込手数料の対応など細かな設定ができるので、Allyを入金消込自動化システムとして導入されているクライアント様もいます。

また、各種出力伝票の機能によって、経営者が知りたい情報を出力できるので、入金消込作業を行う担当者様だけでなく、会社経営者様にもご好評いただいております。

もし、入金消込自動化を行いつつ、債権と債務を併せて管理することをご希望であれば、Ally(債権債務管理システム)もございますので、お気軽にご相談ください。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP