債権債務管理システムとは|債権債務管理いろは


債権債務管理システムとは

債権債務管理システムとは

債権債務管理システムについてまとめ

そもそも「債権」や「債務」とは

債権とは

「債権」とは、ある人やある法人(債権者)がある特定の人やある特定の法人(債務者)に、ある特定の行為、ある特定の物、金銭を請求することができる法定権利です。債務者の側から見た場合はこれは債権者に対する義務であり、「債務」と呼びます。

債務とは

「債務」とは、ある人やある法人(債務者)がある特定の人やある特定の法人(債権者)へ、ある特定の行為、ある特定の物、金銭を提供する義務を表す言葉です。債権者の側から見た場合はこれは債務者に対する権利であり、「債権」と呼びます。

債権債務管理システムとは

債権債務管理システムとは、会社全体、取引先毎、取引毎の債権と債務を正確適時に把握するためのシステムです。既存の会計システムと連携させることで、経理業務の効率化などさまざまなメリットを享受することができます。

通常の会計システムでも大まかに管理可能

大まかな債権債務管理は会計システムでできます。

例えば、売掛金や買掛金の補助科目等に取引先を設定し、取引先毎に売掛金残や買掛金残を把握することはできますが、一取引毎の債権や債務を会計システムで把握することは難しいです。

個別取引ごとに債権債務管理ができるシステムを導入することで、個別取引ごとに債権債務を把握することができます。

債権債務管理システムを導入するメリット

債権債務管理システムを導入すると、一取引毎に将来における回収予定や未回収滞留債権、支払予定も適時把握することが可能なので、その情報をもとに収支に関するトラブルが起こる前に行動を起こすことができるというメリットがあります。

また、業務上発生する前受金、預り金、前払金、立替金等の管理が一括管理できることで経理業務を効率化させます。

請求書印刷や口座振替データの作成、督促状の発行等回収手段を選択できるシステムも多く、様々な債権回収手段を選択できます。

支払振込の為のFB(ファームバンキング)ファイルの作成もでき、支払業務を正確に確実に行うことで支払の不備を無くすことができ、企業の信用を高めることにもつながります。

このような、さまざまなメリットがある個別取引で債権債務管理が行えるシステムの導入をお考えであれば、ぜひ弊社開発パッケージソフトのデモ実施をご依頼ください。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP