定期請求管理のパッケージシステム「Bsup」(債権債務管理システム)による入金消込時間の大幅な短縮


定期請求管理Bsup 機能概要

入金消込時間の大幅な短縮

入金消込時間の大幅な短縮

入金消込作業を自動化できるので、入金消込の作業時間やミスを軽減できます。手数料の自動判定、過入金・不足金の対応、売掛金の消込、前受金の自動仕訳などの機能により、帳簿での管理を行なう必要がありません。

外部入金ファイルの受入により入金処理の効率化を図る

入金一括入力の画面イメージ

本システムでは入金のファームバンキングデータ(FBデータ)を一括して取込む機能があり、入金された額を間違いなく受け入れることが可能です。

また、「取引先カナ名※」による自動マッチング機能によって照合を行なうため、チェック時間を大幅に短縮することができます。

※取引先マスタで登録を行なったカナ名を用いて照合を行ないます。カナ名は最大3つ登録することが可能です。


入金一括入力の画面イメージ

選べる入金消込方法

入金伝票の画面イメージ

請求先ごとに入金消込を行なうことで入金処理完了となりますが、入金消込の方法は「全額入金処理」もしくは「明細ごとの処理」を選択することが可能です。過入金の場合は「預り金として次月引合をする・しない」を選択でき、不足金があった場合は「どの分を当月に消し込むのか」を選択して処理することが可能です。

また、一括して入金取込を行なった場合は「手動での消込」もしくは「自動入金消込※」を選択することが可能です。


入金伝票の画面イメージ

手数料自動判定

手数料自動判定の画面イメージ

クライアントから手数料を差し引いて入金してくることもあります。その場合でも、あらかじめ「会社銀行登録」で「手数料差額」を設定しておくことで、「不足分は手数料」とシステム側が自動で判断する機能を備えているので、入金消込の効率化が可能です。


手数料自動判定の画面イメージ

前受金からの売上自動取り崩し

前受金自動判定の画面イメージ

入金日と売上日を軸に売掛金か前受金の自動判定を行ないます。別途、台帳で前受金管理を行なう必要がなくなり、会計システムへの二重入力も不要になります。

例)「一括請求した分の入金は既にされているが、まだ売上計上していない場合」=全額前受金として判断
  「入金後、売上計上した場合」=前受金から売上計上した分を差し引き、残りを前受金として判断


前受金自動判定の画面イメージ

定期請求管理「Bsup」に戻る

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP